SITE NAVI
住まいは壁は厚いほうがいい

住まいは壁は厚いほうがいい

住まいの壁は絶対に厚いほうがいいと思います。
私の住んでいるマンションは壁が厚いので、隣の音もあまり聴こえないので気兼ねしないで暮らしています。
賃貸のマンションなので、多少もし壁が薄くても我慢することはできますが、これが持ち家のマンションや一戸建てだと壁が薄いのは辛いと思います。
一生住まいの壁が薄いのですから、隣に住んでいる人に気を使うことになりますし、また家族同士でも音が聞こえてしまうと何かと気兼すると思います。
なので住まいの壁は厚いほが絶対にいいと思います。
厚くて困ることといえばコストが高いくらいだと思います。
壁が薄いとコストは安いかもしれませんが、その分生活の音が筒抜けになってしまうので、生活をするにあたってストレスもかかりますし何かと音を気にして生活することになってしまいます。
私は多少コストが高くなっても、壁を厚くして快適な生活を送るほうをえらびます。
また木造の作りか鉄筋の作りかによっても、音の響きかたや音の漏れも違ってくると思います。

なので住まいの壁は、家を購入するにも借りるにも重要な問題だと思います。
住まいですから、毎日生活する場所です。
そこで音おを立てないように毎日気を使って生活をするのは、なんだか寂しいですしストレスになると思います。
特に夜は音が響きやすいので夜型の生活をしている人はより注意をしなくてはいけないと思います。
住まいを決めるときは、壁のことも考慮して住まいを探す必要がありそうです。
以前私の住んでいたマンションは、隣のくしゃみをした音まで聞こえてくる壁の薄いマンションでした。なにをするにも気を使いますし、普段の色々な音が漏れていると思うと、普通に暮らすのもいやになってしまいました。住まいは快適に暮らすことができれば、毎日がより楽しくなりますし、ストレスもなく充実した毎日を過ごすことができると思います。
住まいは生活の活動拠点ですから、その生活の拠点は壁の厚い住まいにして欲しいです。

PR情報



Copyright(c) 2014 住まいは壁は厚いほうがいい All Rights Reserved.